次郎左衛門 立雛 和歌(やまとうた

Fan Painting: Double play

 

陶彫彩色

 

落ち着いた色味の次郎左衛門立雛に子を思う万葉集の2首を添えました。

 

<男雛>

銀、金、玉も何せむに まされる宝 子にしかめやも

訳:銀、金、玉などといった宝物よりも、優れる宝は子どもの他にはない

 

<女雛>

多摩川に さらす手織り さらさらに 何そこの児の ここだかなしき

訳:多摩川に手織りの布をさらすように、どうして(思えば思うほどに)さらにさらに愛おしくなるのだろう